気分の浮き沈みにご用心【双極性感情障害は行動が極端】

女性

症状を改善できる病気

悩む男性

双極性感情障害を発症し、治療を行う際には家族などの身近な人の協力が大切です。特に躁状態の時には、患者本人には躁状態に陥っているという自覚が芽生えにくいので医師が身近な人から話を聞けるか否かはその後の治療に大きな影響を与えるのです。また、双極性感情障害は再発率の高い精神疾患でもあるので注意が必要です。

View Detail

病気との向き合い方

女性

双極性感情障害には重症の1型と比較的軽症の2型があり、どちらも躁状態と鬱状態が交互に繰り返される病気であるが、その溝を埋めるために治療が必要になる。一定期間しっかり薬を服用すれば症状も改善され、再発を防ぐことも出来るようになるのである。

View Detail

初期症状の見極めが大切

医者と看護師

双極性感情障害の発症時は躁症状の場合も鬱症状の場合もあり得ます。躁症状の場合は患者本人に病気の自覚がありませんので家族など身近な人が治療のために病院を受診する際に同行することが重要です。また、発症時の症状が鬱症状である場合、鬱症状の原因が鬱病か双極性感情障害かの見極めに注意が必要です。

View Detail

気分をコントロールする

男性

双極性感情障害は、気分の変化が主な症状になるが、自分でコントロールが効かなくなるため、精神的苦痛が大きい疾患である。躁状態の時と鬱状態の時でも治療法が違ってくるため、適切な治療が出来るよう周囲の人間による情報が欠かせないのである。

View Detail

医師への的確な報告が重要

女の人

双極性感情障害の治療のために病院を受診する際には、患者自身だけでなく、家族などの身近な人も同行して、症状などを的確に医師に報告することが重要です。また、双極性感情障害の原因は遺伝や環境的な要素が複雑に絡んで発症するものと考えられていますが、こうした研究が今後益々進んでいくものと考えられています。

View Detail

極端な気分変化の原因

花

気分が安定しない・・

気分の極端な変化に悩まれている方には、双極性感情障害が関わっているかもしれません。双極性感情障害と言うと聞きなれない言葉かもしれませんが、より一般的には「躁鬱病」として知られています。現在、双極性感情障害は、正確な診断が慢性的な鬱状態の治療にも繋がることも分かっており、更に注目を集めています。双極性感情障害は、気分が低下したり、逆に非常に高揚したりと鬱状態と躁状態を繰り返す病気の一つです。また、双極性感情障害は、激しい鬱と躁を繰り返す双極性感情障害1型と、軽度の躁状態と強い鬱状態を繰り返す双極性感情障害2型に分かれています。躁状態は、非常に高揚した気分になり、何でも出来るといった気持ちを持ちやすく活動性が高まります。ほとんど眠らずに活動を続け、常識を度外視した浪費を行うことも見られます。一方、鬱状態は、気分の落ち込み、意欲低下、自己評価の低下など活動性が大きく低下する状態です。つまり、双極性感情障害とは、躁と鬱という両極端な感情の変化が短期間で生じ、それを本人が統制できない病気であり、本人のみならず周囲の人々も巻き込まれ疲弊しやすいといった特徴があります。このため、正確な診断と早期治療が重要になります。治療が行われないと急激な気分の変化により、社会活動が成り立たなくなるケースも見られます。しかし、早期に治療が行われることで、症状を統制することが可能な病気とも言えます。

どうすれば改善されるのか

双極性感情障害の代表的な治療方法としては、薬物療法と心理社会的療法があります。薬物療法では、主として、一般的な「鬱病」の治療で用いられる抗鬱薬ではなく、リーマスやデパケンといった抗てんかん薬が使われます。その他にも、症状に応じて、抗精神病薬や睡眠薬などが用いられます。また、心理社会的療法では、認知行動療法や対人関係・社会リズム療法といった方法が近年多く用いられています。鬱状態の自己評価の低下に対して、自らの考え方を見直してより柔軟な考えができるようにしてくことや、生活のリズムを安定させ、気分の変動を少なくするように練習していくことで双極性感情障害の症状を軽減できることが分かっています。近年、双極性感情障害が注目を集める理由の一つとしては、正確な診断が慢性的な鬱状態の方たちへの治療に繋がることが挙げられます。特に、双極性感情障害2型の場合は、鬱状態が前景に出るため、躁状態が見落とされてしまいやすいことが言われています。正確な診断が行われ、適切な服薬や生活指導が行われることで、鬱状態が大きく改善されるケースも見られます。症状は色々ありますが、まずは気分の浮き沈みにご用心です。