気分の浮き沈みにご用心【双極性感情障害は行動が極端】

笑顔の女性

病気との向き合い方

女性

軽症と重症

双極性感情障害とは、気分が高まり空元気な躁状態と気分が落ちて否定的に物事を捉える鬱状態が繰り返される病気のことを意味する。鬱状態だけが続くうつ病とは違う疾患であるが、よく混同されやすく診断も間違いやすい病気である。双極性感情障害にも二つのパターンがあり、眠っている時間が極端に短かったりほとんど不眠と言える状態なのに活動的に動き回ったりする極端に躁状態であれば重度の双極性感情障害1型で、比較的軽いものを双極性感情障害2型と分類される。双極性感情障害でいう、躁状態というのはいつもよりも元気で積極的に見えるため肯定的に捉えられがちだが、本人は無理をしていて逆に疲れたり不安やイライラが募ってしまうことがある。仕事もはかどり、鬱状態から一時的に抜ける為本人は病気の感覚が無くむしろ調子が良いと勘違いしがちだが、周りには言動や行動で迷惑をかけていることが多いのである。そして、躁状態になっても必ずその後では鬱状態になる時が来るため、その溝を埋めることが治療で一番大切な部分になっている。

経過

治療には気分を調整する薬剤であるリチウムやバルプロ酸などが主に使われ、抗うつ薬も同時に処方されることがある。治療を始めると最初はすぐに症状がコントロールできるようになって、良くなったと感じることが出来るが治療を止めた時が問題である。治療を一定期間続けてから薬の服用などを止めると、また徐々に症状がぶり返し再発する可能性があるからである。薬を自分の判断で止めてしまうと、再発するリスクは高まると言われているため、症状がある以上はしっかりと薬を飲んだ方が自分自身コントロールできるようになるのである。薬を自己判断で止めたり始めたり繰り返してしまうと、再発する間隔がどんどん短くなり、再発してまた症状が良くなったと思ったらまた再発して薬の量も増え、依存してしまうことになる。そうならないようにする為にも、診断されたら適切に薬を飲んで治療に励み、早い段階で治療を軌道に乗せることで回復もしやすく、再発の防止にもなるのである。無理せずじっくり病気と向き合っていくことが重要である。