気分の浮き沈みにご用心【双極性感情障害は行動が極端】

笑顔の女性

症状を改善できる病気

悩む男性

身近な人の協力が大切

双極性感情障害は躁鬱病や双極性障害とも呼ばれる精神疾患です。双極性感情障害を治療していく上で中心となるのは気分安定薬などの薬を服用する薬物療法と、心理教育や認知行動療法などのカウンセリングを受ける精神療法です。そして、これらの治療の効果を高める上で大切なことが、患者自身が生活のリズムを整え十分な睡眠を確保しストレスの少ない生活を送ることと、家族などの身近な人の協力です。特に身近な人の協力は医師が適切な治療をしていく上で重要な判断材料となり得るものです。というのも、双極性感情障害を患い、特に躁状態が生じてしまった際は、患者本人は調子が良いという認識しかできず自身が躁状態であるという自覚をすることができないというケースが少なくありません。しかし実際には躁状態の時の患者は周囲に暴言を吐いたり、社会的信用を失うような行動をしてしまいがちなのです。逆に鬱状態の時は患者本人も鬱な状態に陥っている自分を自覚できるので躁状態ほどではありませんが、医師に実情を的確に伝える上で、特に躁状態の際を中心に、患者自身の説明だけよりも、身近な人からの説明も加えることで、医師はより正確な症状を把握することができ、その結果その後の治療方針を立てやすくなるのです。

再発率の高さに注意が必要

双極性感情障害を発症してしまった際に注意することが必要なポイントが再発性の高さです。というのも、双極性感情障害は概して再発率が高いとされる精神疾患の中でも再発率が比較的高いと言われており、また、再発した場合には、以前に発症した際よりも症状が重くなる可能性も高くなるからです。再発をさせないために注意すべきことは、治療によって症状が治まった直後とそれから一定以上の期間が過ぎた後で異なります。症状が治まった直後に何よりも大切なことは医師の判断なしに勝手に薬の服用を止めてしまわないことです。一般的に双極性感情障害をはじめとする精神疾患は症状が治まったとしても一定期間は薬の服用を続けるように医師から指示が出されます。これは症状が治まったというだけではまだ治癒できたとは判断できないと医師が見なしているからです。その後、症状の再発が無く医師から薬の服用が不要だと診断された後に大切なことは、生活のリズムを整えて十分な睡眠をとることや家族などの身近な人に意識してもらって、ちょっとした変化であっても再発の兆しを本人か身近な人が感じ取った際にはすぐにかかりつけの病院を受診することなのです。双極性感情障害は適切な治療と予防によって症状を改善し、再発を防ぐ事が可能な病気ですので、患者は長い目で見ながら能動的に周囲の協力も仰ぎながら治療や予防に当たることが大切なのです。