気分の浮き沈みにご用心【双極性感情障害は行動が極端】

笑顔の女性

初期症状の見極めが大切

医者と看護師

患者が自覚できない躁症状

双極性感情障害の発症時の症状は鬱症状である場合の方が割合としては多いものの躁症状である場合もあります。そして、躁症状が現れた際の特徴として、患者自身が自覚できない場合が多いという点に特徴があります。というのも患者本人が辛さを自覚できる鬱症状とは異なり、躁症状は患者本人にとっては好調な状態ですので、病気であるという自覚を持つことが難しいのです。しかし、躁症状の患者は暴言を吐いたり社会的信用を失うような行動をとったりしてしまうケースが少なくありません。そこで重要な役割を果たすのが家族をはじめとした身近な人です。何の問題もなく好調だと思っている患者自身の自覚と周囲からの見え方の違いに気づき、病院で診断を受けて適切な治療に向かわせるきっかけを作ることができるのは家族などの身近な人でないと難しいからです。そして、双極性感情障害の発症時が躁状態である患者の場合、病院を受診する際も患者本人と共に家族などの身近な人も同行することが大切です。というのも精神科や心療内科の病院の診察の形式は医療面接となっていますので、双極性感情障害の治療にあたっては医師が患者の具体的な症状を的確に把握する事がより効果の高い治療を行う上で大切なのです。

見分けが難しいうつ症状

一方、双極性障害の初期症状が鬱症状であった場合は躁症状とは異なる注意が必要となります。というのも発症時の症状が鬱症状である場合、そのうつ症状をもたらした疾患が鬱病によるものなのか、双極性感情障害によるものなのかの見分けが困難だからです。そして、見分けが困難である一方で、鬱病の場合の治療の中心が抗鬱剤の服用であるのに対して、双極性感情障害を発症した場合、薬物療法の中心となる薬は気分安定剤の服用である上に、抗鬱剤はうつ症状が重い場合に対症療法として患者に服用させる場合はあるものの、そういったケース以外で双極性感情障害を発症している患者に抗鬱剤を服用させてしまうと、躁症状を招いてしまうといった逆効果が生じてしまうリスクもあるのです。このように、同じような鬱症状を発症してしまった場合でもその原因が鬱病なのか双極性障害なのかを見分ける一つのポイントとして、急激に鬱状態に入ってしまう場合や鬱症状が比較的重症の場合、鬱症状の具体的な症状として幻覚や妄想といった精神症状が現れた場合などが双極性感情障害を疑うべきケースとなります。また、双極性感情障害は20代が発症のピークですので、20代の人が上記のような特徴のある鬱状態に陥ってしまった場合は双極性感情障害の初期症状としての鬱状態である可能性が高まるのです。